2011年07月20日

腎臓のタンパク質の働きを押さえれば高血圧を防げる

塩分と高血圧の繋がりについての興味深いニュースが朝日新聞社に掲載されていましたので紹介しておきます。
腎臓のRac1というタンパク質の働きを抑えることで、塩分を摂り過ぎても高血圧にならないという実験結果が出たようです。

 塩分を取りすぎると高血圧になるといわれるが、血圧が上がりにくい人もいる。その違いは腎臓でのたんぱく質の働きの差で起こることが、東京大の藤田敏郎教授(腎臓内分泌内科)らによるネズミの実験でわかった。治療薬の開発に役立ちそうだ。

 藤田さんらは、ネズミに塩分過多の食事(塩分8%)を与えて3週間観察。ネズミは最高血圧(収縮期血圧)が160に達した高血圧グループと正常値の120にとどまったグループに分かれ、前者では腎臓の細胞の形の維持などに必要なたんぱく質「Rac1」が活性化していた。このたんぱく質の働きを妨げる薬を高血圧ネズミに与えたところ、塩分過多の食事でも高血圧にならなかった。

 藤田さんは「Rac1の阻害薬は高血圧治療に使える可能性がある。どの程度の投与なら副作用が出ないかなどを調べたい」と話した。結果は18日付の米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」に掲載された。

asahi.com(朝日新聞社):塩分と高血圧、カギは腎臓のたんぱく質 東大教授ら解明 - アピタル(医療・健康)

このRac1の阻害薬が実用化されるまでは、まだまだ臨床などで時間がかかると思います。
ただこの実験結果から、タンパク質の摂取を普段から控えれば高血圧の予防になるのではないか、ということが言えそうです。

メタボリックシンドロームは現代人の最も身近な病です。
欧米の食事やファーストフードで肉食の食事が増えたことがメタボの原因の一つですし、意識的に肉などを控えることが腎臓の働きにも良い結果を生み出しそうですね。
2011年07月02日

肥満の3つのタイプ

今回はメタボリックシンドロームの知識として、現代人の肥満の型を紹介します。
大きく分けて3種類の肥満のタイプがあるようです。

皮下脂肪型肥満について

皮下誹謗型肥満は女性特有の生理的肥満で、主に筋肉の外側と皮膚の内側の間に脂肪がついたものを言います。
このタイプの肥満は、下半身型肥満とか、洋なし型肥満とかいう呼ばれ方もあります。腰から太ももにかけて皮下脂肪が付くのでこのように呼ばれているようです。
肥えている割には生活習慣病の発症率は60%台と他の肥満のタイプに比べて低めなので比較的安全と言える肥満なのですが、足腰や膝に負担がかかりやすいので痩せるに越したことはありません。

内臓脂肪型肥満について

内臓脂肪型肥満は男性や更年期以降の女性に多い肥満のタイプです。主に腹部を中心に上半身に脂肪がついた状態を言うので、上半身型肥満、りんご型肥満とも呼ばれています。
生活習慣病の発症率は90%と高めで、このタイプの肥満がメタボリックシンドロームと定義付けられています

隠れ肥満について

隠れ肥満にはさらに2つのタイプがあります。
一つは体重は正常で一見スマートに見えるけど、体脂肪率が高いタイプです。このようなタイプの方は筋肉が極めて不足しているので日常生活で非常に疲れやすいという特徴があります。
もう一つのタイプはウエストだけがポッコリ膨らんでいるタイプです。このタイプは内臓脂肪型肥満と同じくメタボリックシンドロームや生活習慣病になりやすいので注意が必要です。


どのタイプにも言えることですが、肥満になる原因として運動の消費カロリーと食事の摂取カロリーに問題があるようです
適度な運動を心がけて毎日の食事にも気をかけることが脱メタボには重要なのだと意識しておくことがダイエットの秘訣です。

話題のメスゴリラダイエットで痩せる!

ネットを巡回していると面白いダイエット法を見つけましたので紹介します。
野生のメスゴリラの女らしさを吸収し、更にゴリラスーツによる発汗作用で効果的にメリハリボディを手に入れられる新しいダイエット法「メスゴリラダイエット」だそうです。

今年の夏はコレで痩せろ!「メスゴリラダイエット」でスリムボディをGET – Be Wise Be Happy Pouch[ポーチ]

詳細はリンク先よりご確認下さい。
私感ですが、着ぐるみの動きにくさや運動量の多さは知っているので、案外まともなダイエット効果が得られる方法かもしれません。そこら辺の草などを食べることは知識がないと危険なので、栄養学、植物学などしっかり勉強してから試される方が良いと思います。

メスゴリラダイエットを実践している動画もあるようなので貼りつけておきます。



動画で見るとややネタっぽい気もするのですが、なんだか楽しそうだし痩せれるなら試してみたいという気にもなってきますね。が、人目にふれると捕まる可能性もなきにしもあらずなので、この動画のように河原など大丈夫そうなところで行うことが重要なようです。

この夏、野生のワイルド感のあるダイエット法を試してみたい方はメスゴリラダイエットいかがでしょうか?
タグ:発汗作用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。