食事で改善!脱メタボ > メタボリックシンドロームを治す食事
2011年06月22日

実は運動で痩せるのは大変

脱メタボなダイエットをする上で運動をしたほうが良いのか、食事で痩せるほうがいいのか良く議論になると思います。
今回はその疑問を解決したいと思います。

まずは食べたものが身体からどうやって消費されていくのかを説明します。

生物が摂取したエネルギーは、おもに基礎代謝と運動という二種類の方法によって消費されていきます。
基礎代謝量とはいっさいの活動をしないで、ただ生きているだけの為に使うエネルギーのことです。
例えば、心臓などの臓器が意識せずとも動いたりしますがこれが基礎代謝エネルギーを使ったものだと言えます。
運動とは走ったりジャンプしたり自分の意志で動いたときに使うエネルギーのことです。
生物はこの二つのエネルギー消費によって生命活動を維持しています。

食べたものは基礎代謝と運動によって消費されていくのですが、人間の運動エネルギー変換効率は40%ほどといわれています。
自動車で言うと燃料から16%が運動エネルギーに変換され、残りは熱と音にかわり消費されます。
人間はエネルギー変換効率が機械と比較してはるかに優れています。

分かりやすいように説明します。
例えば自動車で16キロ走れるエネルギーがあったとして、体積と比例したこのエネルギーを使えば人間だと40キロは走れるということです。

「変換効率が良い」だなんて好ましいことのように一見響きますが、ダイエットする上ではこの効率は悲惨なものになります。
車だと16キロで消費しきれるカロリーが人間だと40キロ走らないと消費できないということです。

以上のことより、運動で体重を落としておくのは人間にとっては不利ということになります。
運動では効率よくカロリーを消費することは出来ないので、痩せることはまあ出来るのですが一般的に思われているよりかなり苦労することになります
運動やエクササイズで減量していくよりも、基礎代謝を高めたり、食事のコントロールをして摂取するカロリー自体を少なくすることのほうが有効です
食事を変える意識改革をすることによってメタボリックシンドロームは解決へ向かうことでしょう。

水は飲んだら太るのかどうかについて

ダイエット関連で良く耳にする「水は飲んだら太るのか?」という質問があります。
結論から書かせてもらうと、水を飲んでも脂肪には成り得ず太ることはありません
水を摂取しても食事と同じく一時的に体重が増えるだけです。

「自分はあまり食べないけど、水を飲むから太ってしまう」という方がいたら、ぜひ教えてあげましょう。
その方が言っていることは「水にはカロリーがある」という意味になり世の摂理とは異なります。

もし水を飲んで一過性ではなく体重がはっきりと増えるなら、それは病的な範疇に入ります。
肝硬変やガン性腹膜炎で腹水がたまると一週間で5〜10キロ体重が増えますのでその時は病院へ行ってください。

水を飲むことはむしろダイエットには良い効果があります
いわゆるデトックス効果、汗や尿により老廃物を排出してくれる効果が高く、ミネラルウォーターに含有されるダイエットによって不足しがちなミネラルも補うことが出来ます。
豊かな水の体積が胃や腸を刺激して排便効果も高まるし、また食事制限による空腹感も水の体積によって満たしてくれるでしょう。

以上のことより、脱メタボな体型を目指してダイエットするなら、水はたっぷり飲んでください
一時的には体重は増えるかもしれないけど、太るわけではなく、むしろメタボリックシンドロームを改善する効果が高いことを意識してください。
タグ: カロリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。