2011年07月21日

亀田兄弟推薦!馬刺しでダイエット

ボクシングで有名な亀田兄弟によるダイエット法がありましたので紹介しておきます。
タイトルマッチの前に馬刺しを食べて、1週間で9キロもの減量に成功したそうです

亀田興毅・大毅兄弟は平成22年に史上初の“兄弟王者”についたが、その時大きな鍵となったのが、父親がすすめた馬刺しだった。大毅は同年9月のタイトルマッチ前に、馬刺しと鹿肉を食べて1週間で9キロ以上も体重を落とし、初防衛を果たした。

馬刺しは低カロリー・低脂肪でありながら高たんぱく。エネルギー変換が早く、筋肉・スタミナを強化するというグリコーゲンが牛肉の3.5倍もある。

馬肉は、脂肪燃焼を促進するというL-カルニチン、ビタミン、鉄分、カルシウムなどのミネラルも含み、生活習慣病やメタボが気になる世代におすすめである。そして何といっても魅力はグリコーゲン。節電でクーラーの効かないこの夏も、バテないで「馬力をつけたい」。

※週刊ポスト2011年7月22・29日号
NEWSポストセブン|亀田父推奨の馬肉は脂肪燃焼を推進 興毅・大毅も減量に使用

もちろん亀田選手はボクサーですから、一般人には馬刺しダイエットで1週間でここまでの効果を出すことは難しいかもしれません。
運動によるトレーニングによってメタボ対策をされている方には、筋力が付き基礎代謝も上がる点でより効果が見込まれますのでオススメです。

あと話が変わりますが、東日本大震災による原発事故での汚染牛の問題もありますので、牛肉以外のタンパク源として馬刺しや鹿肉を食事に取り入れるのも別の点で有効だと思います。
セシウムやストロンチウムなど放射性物質による内部被曝は恐ろしいものですから、リスク回避のためにも必要ですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。