2011年07月21日

ダイエットに関する食事の疑問

ニコニコニュースにてダイエットに関する5つの疑問、迷信が紹介されていましたのでお知らせします。
ネタ元はインドのニュースサイトからで、科学的に証明された事実を紹介しているようです。

まさか信じてないよね?ダイエットに関する都市伝説5つ | ニコニコニュース

メタボリックシンドロームを改善するには正しい知識が必要です。
要点のみまとめて、ダイエットに効果があるのかないのか分かりにくい項目を紹介してみます。

水は温度が違ってもカロリーは変わらない

インドでは、お湯より冷水の方がカロリーが高いと思われているようです。
日本からみると、そんな誤解はほぼ無いと思うので、疑問とされていたことが結構驚きです。
水は氷になると体積が増えたりする謎の性質があるので、そういう点から迷信が生まれていたのかもしれません。

ただ代謝には体温も関わるので、飲む水の温度がダイエットに影響があるということはあるかもしれません。
私は専門家ではないので分かりませんが、また今度調べておきます。

夜遅くに食べ過ぎると太る

栄養学の専門家が、夜に食べる量を減らすことを勧めるのは、お昼を境に代謝が減少していき、就寝前に最小となるからです。
就寝前にヘビーに食べ過ぎてしまうと、使われなかったカロリーが脂肪となって蓄積されるようです。

よく、夜腹いっぱい食べて朝御飯は抜きにするというダイエット方法をされる方がいますが、これはとんでもない誤解ということですね。
食事の配分を偏らせると、夫婦区間を満たすため食べ過ぎてしまうということもありますしオススメできません。

ジャンクフードを食べたら数日は多めに運動しないと太る

ハンバーガーなどジャンクフードを食べた翌日にちょっと運動してチャラにしようと考える人がいます。
しかし、実際にはその一日では食べ過ぎた分のカロリーはまず消費できず、脂肪として蓄積されてしまうことがほとんどのようです。

食べたジャンクフードは、すでに体の“脂肪定期預金口座”に蓄積されています。
また「運動して、これを燃やそう」と自分の意志で「燃料」を決めることはできないので、基本的にジャンクフードは食べないことに越したことはありません。

カロリーオフの食べ物も食べ過ぎたら太る

これはこのブログでの何回も指摘してきました。
現代市場ではビジネスのためカロリーオフという言葉を商品に使っているだけなので、その商品を食べ過ぎたら当然太ってしまうのです。

食品のパッケージには、これを食べたらどのぐらい太るかということは書いてありません。
パッケージに書いてあるのは、この食品が何からできているのかということだけです。
脂肪ゼロ食品には、普通では考えられないほどの、糖分とナトリウムが含まれていることがあります。

カロリーオフと書かれていても、ちゃんと成分商事まで確認するクセを付けておきましょう。

穀物と豆類を一緒に食べると、栄養のバランスがとれる

食べ合わせの問題ですが、ダイエット中に穀物と豆類を一緒に食べてはいけないということは無いようです。
たんぱく質は、9種類の必須アミノ酸と11種の非必須アミノ酸で構成されますが、穀物と豆類のアミノ酸は互いを補い合うそうです。
インド料理には穀物と豆を一緒に使うものが多いのですが、科学的にも非常にバランスがとれていると言えそうですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。