食事で改善!脱メタボ > メタボリックシンドロームの知識 > 腎臓のタンパク質の働きを押さえれば高血圧を防げる
2011年07月20日

腎臓のタンパク質の働きを押さえれば高血圧を防げる

塩分と高血圧の繋がりについての興味深いニュースが朝日新聞社に掲載されていましたので紹介しておきます。
腎臓のRac1というタンパク質の働きを抑えることで、塩分を摂り過ぎても高血圧にならないという実験結果が出たようです。

 塩分を取りすぎると高血圧になるといわれるが、血圧が上がりにくい人もいる。その違いは腎臓でのたんぱく質の働きの差で起こることが、東京大の藤田敏郎教授(腎臓内分泌内科)らによるネズミの実験でわかった。治療薬の開発に役立ちそうだ。

 藤田さんらは、ネズミに塩分過多の食事(塩分8%)を与えて3週間観察。ネズミは最高血圧(収縮期血圧)が160に達した高血圧グループと正常値の120にとどまったグループに分かれ、前者では腎臓の細胞の形の維持などに必要なたんぱく質「Rac1」が活性化していた。このたんぱく質の働きを妨げる薬を高血圧ネズミに与えたところ、塩分過多の食事でも高血圧にならなかった。

 藤田さんは「Rac1の阻害薬は高血圧治療に使える可能性がある。どの程度の投与なら副作用が出ないかなどを調べたい」と話した。結果は18日付の米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」に掲載された。

asahi.com(朝日新聞社):塩分と高血圧、カギは腎臓のたんぱく質 東大教授ら解明 - アピタル(医療・健康)

このRac1の阻害薬が実用化されるまでは、まだまだ臨床などで時間がかかると思います。
ただこの実験結果から、タンパク質の摂取を普段から控えれば高血圧の予防になるのではないか、ということが言えそうです。

メタボリックシンドロームは現代人の最も身近な病です。
欧米の食事やファーストフードで肉食の食事が増えたことがメタボの原因の一つですし、意識的に肉などを控えることが腎臓の働きにも良い結果を生み出しそうですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。