2011年07月02日

肥満の3つのタイプ

今回はメタボリックシンドロームの知識として、現代人の肥満の型を紹介します。
大きく分けて3種類の肥満のタイプがあるようです。

皮下脂肪型肥満について

皮下誹謗型肥満は女性特有の生理的肥満で、主に筋肉の外側と皮膚の内側の間に脂肪がついたものを言います。
このタイプの肥満は、下半身型肥満とか、洋なし型肥満とかいう呼ばれ方もあります。腰から太ももにかけて皮下脂肪が付くのでこのように呼ばれているようです。
肥えている割には生活習慣病の発症率は60%台と他の肥満のタイプに比べて低めなので比較的安全と言える肥満なのですが、足腰や膝に負担がかかりやすいので痩せるに越したことはありません。

内臓脂肪型肥満について

内臓脂肪型肥満は男性や更年期以降の女性に多い肥満のタイプです。主に腹部を中心に上半身に脂肪がついた状態を言うので、上半身型肥満、りんご型肥満とも呼ばれています。
生活習慣病の発症率は90%と高めで、このタイプの肥満がメタボリックシンドロームと定義付けられています

隠れ肥満について

隠れ肥満にはさらに2つのタイプがあります。
一つは体重は正常で一見スマートに見えるけど、体脂肪率が高いタイプです。このようなタイプの方は筋肉が極めて不足しているので日常生活で非常に疲れやすいという特徴があります。
もう一つのタイプはウエストだけがポッコリ膨らんでいるタイプです。このタイプは内臓脂肪型肥満と同じくメタボリックシンドロームや生活習慣病になりやすいので注意が必要です。


どのタイプにも言えることですが、肥満になる原因として運動の消費カロリーと食事の摂取カロリーに問題があるようです
適度な運動を心がけて毎日の食事にも気をかけることが脱メタボには重要なのだと意識しておくことがダイエットの秘訣です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。