2011年07月02日

先に野菜と食べると太りにくい

NHKのためしてガッテンのサイトでメタボリックシンドロームを改善する食事のコツが公開されていますので引用で紹介させてもらいます。

「みなさんは、カレーライスとサラダ、どちらを先に食べますか?
ごはんを先に食べると、血糖値が一気に上がりやすくなります。それに対し野菜などの食物繊維を先に食べると、腸での糖の吸収がゆっくりになり、血糖値の上昇もゆるやかになります。

糖化を予防する食事のコツは、『先に野菜を食べること』なのです!

実際に糖尿病患者さんの食事療法として、『食べる順番療法』を実践している病院では、血液中の糖化の指標値である、糖化ヘモグロビンの値(HbA1c)が大きく改善する効果も見られています。

さらに、先に野菜を食べることにより
(1)自然と野菜を食べる習慣がついたり
(2)自然とごはんが控えめになったりするため、
糖化予防はもちろんダイエットまでもが効果的に実践できると考えられています。

※血糖値を上げないために、食事の炭水化物の量を極端に減らすことは危険ですので、くれぐれもご注意ください」

アンチエイジングだ!肌ホネ血管一挙に若く保つ方法 : ためしてガッテン - NHK

食事の際に野菜を最初に食べるだけでダイエットできるなんて、誰でも簡単にできる点が魅力的ですね♪


ちなみにこの引用中に出てくる「糖化」とは、私達の体内に存在する「たんぱく質」と、主に食物から摂取する「糖」が結びつき、老化物質を分泌する現象を言います。

糖化を加速する要因は高血糖です。さらにその最たるものは、糖尿病と言われています。糖尿病は肥満だけでなく、老化を加速する病気とも取れるのです。

野菜を先に食べることで糖化を予防し、アンチエイジングの効果までありますので食事の際は意識しておくと良さそうですね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。