食事で改善!脱メタボ > メタボリックシンドロームの予防 > パソコン生活が筋肉を衰えさせる原因
2011年06月27日

パソコン生活が筋肉を衰えさせる原因

メタボリックシンドロームの改善には主に食事療法が効果があるとされています。
運動で消費するカロリーより食事から摂取するカロリーをコントロールするほうが楽だからです。

しかし、運動に由来するカロリー消費も無視していいわけではありません。
しっかりと筋肉がついていれば能動的な運動をせずとも、基礎代謝量自体があがり、結果的にメタボリックシンドロームも改善されます。

現代の仕事ではパソコンが大きな役割を果たしており、一日のほとんどをパソコンの前に座り作業をするという生活をしている方も多いと思います。
このパソコン生活が原因で消費カロリーが低下して肥満がちになり、さらに筋力の急激な低下をも引き起こすことが問題なのです。

身体の筋力が低下すると肩こりや腰痛、椎間板ヘルニアなどの症状が出てきます。
筋肉量が減ると基礎代謝量も減り、結果として消費カロリーも減るのでますます太ってしまうのです。

実際問題、日常生活でパソコンを控えるということは難しい問題だと思います。
しかし、パソコンの休憩時などにリラックスも兼ねて軽い運動を取り入れるということはできると思います。
パソコンだけでなく、車やエスカレーターなどの文明機器も意識してこつこつ使用を控えれば、実際に体を動かすことになり、筋肉の衰えは防げるので脱メタボの効果があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。