2011年06月23日

断食を行うべき12のメリット

ダイエット効果があるとよく言われる断食ですが、カロリーの制限以外にも実はさまざまな効能があります。
断食はメタボリックシンドロームを改善し、生活習慣病の予防と治療に高い効果を発揮してくれるのです。

今回は、断食や少食のメリットを箇条書きで紹介しておきます。

  • 拡張した胃や消化管が縮小され、少し食べただけでも満腹感を感じるようになる。
  • 脂肪が効率的優先的に燃焼されるので体重が減少する。
  • 動脈硬化の血管壁や内蔵、腸間膜、皮下の脂肪を分解し、メタボリックシンドロームを解消する。
  • 農薬や環境汚染物質、食品添加物、有害重金属などの毒素を排出するデトックス効果がある。
  • 血液がサラサラになって粘度が下がり、高血圧、脂質異常症、高血糖など肥満に起因する症状が総合的に改善される。
  • 嗅覚や味覚などの感覚が鋭敏になり、不自然なものを判別できるようになる。
  • 腸からモチリンという物質が分泌され便秘症が改善される。
  • 細胞核が大きくなって細胞が若返るアンチエイジング効果がある。
  • アルツハイマー型認知症などがオートファジー効果により快方に向かう。
  • 精神力が鍛えられ、ダイエットや体型維持のための忍耐力もつく。
  • 生活習慣病やメタボリックシンドローム系の血液データが正常値に近づく。
  • 膵臓のアルファ細胞からグルカゴンというホルモンが分泌され、アドレナリンなど他のホルモンと共に脂肪組織を分解しブドウ糖に変えるルートが発達し、空腹感が出にくい体になる。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。