2011年07月02日

カロリーゼロの炭酸飲料は危険。

脱メタボを目指されている方は、通常の炭酸飲料よりカロリーゼロの炭酸飲料をより好んで飲む方が多いと思います。
コカコーラやペプシ、三ツ矢サイダーなど主要な炭酸飲料にはカロリーが0のものが定番商品として長らく定着しています。

そんなカロリーゼロ飲料ですが、「カロリーゼロ飲料は通常の炭酸飲料にはない害を含み、太る可能性もある」という研究結果が報告され話題になっています。
詳細は以下の記事を確認して下さい。

「カロリーゼロ飲料は通常の炭酸飲料にはない害を含み、太る可能性もある」という研究結果 – ロケットニュース24(β)

記事によると、ダイエット系飲料好きの人はそうでない人と比べると70パーセントも速くウエストのサイズが大きくなることがわかったそうです。さらに、一日に2缶以上飲む人は、ほとんど飲まない人と比べると胴回りが大きくなる割合が5倍も高いそうです。

カロリーゼロの炭酸飲料はただ太りやすいだけでなく、人体の内蔵への影響もあるそうです。
糖質を抑えカロリーを控えた飲料には、不足した甘みを引き出すためにアスパルテームという人工甘味料が使用されます。このアスパルテームが糖尿病の初期段階に起こりやすい膵臓(すいぞう)内の損傷に少なからず影響を与えているそうです。

この発表をした教授へのインタビューの発言もありましたので引用させてもらいます。
ヘイズダ教授によると、「人工甘味料は食欲を促進させ、満足感を感知する脳の細胞に損傷を与えます。砂糖のような自然の糖分の不足により、さらに甘いものへの欲求が増すのです」とのこと。

ダイエット系炭酸飲料は『カロリーゼロ』かもしれませんが、人工甘味料による『副作用ゼロ』ではないのです」と教授は警告している。

痩せるために開発した人工甘味料が、実は食欲を増進させ太りやすい体質を作ってしまうというまるで逆説のようなおはなしです。

やはり、自然由来のものを口にするのが人間にとっては良いようですね。
メタボリックシンドロームの予防、あるいはダイエットの最中でも、どうしても炭酸飲料が飲みたくなったなら例えば125mlの小さい缶に入ったコーラなどいかがでしょうか。
アスパルテームが含まれていないモノの方がカロリーは高くてもまだマシなのではと今回感じました。

ヨーグルトワインダイエットで痩せる。

メタボリックシンドロームを治すには、ヨーグルトとワインを合わせたダイエットが効果的だという記事を見つけましたので紹介しておきます。

この夏、「ヨーグルトワインダイエット」で生まれ変わる! : J-CASTモノウォッチ

記事によると、食事の前にヨーグルトとワインを混ぜたものをグラス一杯分ほど食べるだけで良いそうです。
とても簡単でおいしそうなダイエットですね♪冷たいデザート感覚なので、夏の暑い時期でも摂りやすそうです。

ヨーグルトに含まれるカルシウムには、体に脂肪を蓄えようとする副甲状腺ホルモンの分泌を抑える働きがあるそうです。肥満の原因となるカルシウムを補うためにヨーグルトが使われています。
また、赤ワインにはアントシアニンというポリフェノールが入っています。アントシアニンは活性酸素を除去する効果があるそうです。このアントシアニンを、ヨーグルトワインにして摂取することで、過酸化脂質を除去してくれるヨーグルトのビタミンと共に摂取でき脱メタボの効果を発揮するのです。

なによりヨーグルトとワインの相性が良いのが嬉しいですね。いくらカルシウムと取るためと言ってもコレが牛乳とかだったら飲む気がしないです。
ヨーグルトの中に果実系のジャムを入れたりは良くしていたので、味も問題なさそう、というか普通に美味しいと思います。

ヨーグルトを食べることによって腸内に善玉菌が増えるので、腸内環境も整い便秘を改善できる点も女性には嬉しいですね。
私も実際に試してみて効果も確認しようと思っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。