2011年07月02日

肥満の3つのタイプ

今回はメタボリックシンドロームの知識として、現代人の肥満の型を紹介します。
大きく分けて3種類の肥満のタイプがあるようです。

皮下脂肪型肥満について

皮下誹謗型肥満は女性特有の生理的肥満で、主に筋肉の外側と皮膚の内側の間に脂肪がついたものを言います。
このタイプの肥満は、下半身型肥満とか、洋なし型肥満とかいう呼ばれ方もあります。腰から太ももにかけて皮下脂肪が付くのでこのように呼ばれているようです。
肥えている割には生活習慣病の発症率は60%台と他の肥満のタイプに比べて低めなので比較的安全と言える肥満なのですが、足腰や膝に負担がかかりやすいので痩せるに越したことはありません。

内臓脂肪型肥満について

内臓脂肪型肥満は男性や更年期以降の女性に多い肥満のタイプです。主に腹部を中心に上半身に脂肪がついた状態を言うので、上半身型肥満、りんご型肥満とも呼ばれています。
生活習慣病の発症率は90%と高めで、このタイプの肥満がメタボリックシンドロームと定義付けられています

隠れ肥満について

隠れ肥満にはさらに2つのタイプがあります。
一つは体重は正常で一見スマートに見えるけど、体脂肪率が高いタイプです。このようなタイプの方は筋肉が極めて不足しているので日常生活で非常に疲れやすいという特徴があります。
もう一つのタイプはウエストだけがポッコリ膨らんでいるタイプです。このタイプは内臓脂肪型肥満と同じくメタボリックシンドロームや生活習慣病になりやすいので注意が必要です。


どのタイプにも言えることですが、肥満になる原因として運動の消費カロリーと食事の摂取カロリーに問題があるようです
適度な運動を心がけて毎日の食事にも気をかけることが脱メタボには重要なのだと意識しておくことがダイエットの秘訣です。

話題のメスゴリラダイエットで痩せる!

ネットを巡回していると面白いダイエット法を見つけましたので紹介します。
野生のメスゴリラの女らしさを吸収し、更にゴリラスーツによる発汗作用で効果的にメリハリボディを手に入れられる新しいダイエット法「メスゴリラダイエット」だそうです。

今年の夏はコレで痩せろ!「メスゴリラダイエット」でスリムボディをGET – Be Wise Be Happy Pouch[ポーチ]

詳細はリンク先よりご確認下さい。
私感ですが、着ぐるみの動きにくさや運動量の多さは知っているので、案外まともなダイエット効果が得られる方法かもしれません。そこら辺の草などを食べることは知識がないと危険なので、栄養学、植物学などしっかり勉強してから試される方が良いと思います。

メスゴリラダイエットを実践している動画もあるようなので貼りつけておきます。



動画で見るとややネタっぽい気もするのですが、なんだか楽しそうだし痩せれるなら試してみたいという気にもなってきますね。が、人目にふれると捕まる可能性もなきにしもあらずなので、この動画のように河原など大丈夫そうなところで行うことが重要なようです。

この夏、野生のワイルド感のあるダイエット法を試してみたい方はメスゴリラダイエットいかがでしょうか?
タグ:発汗作用

先に野菜と食べると太りにくい

NHKのためしてガッテンのサイトでメタボリックシンドロームを改善する食事のコツが公開されていますので引用で紹介させてもらいます。

「みなさんは、カレーライスとサラダ、どちらを先に食べますか?
ごはんを先に食べると、血糖値が一気に上がりやすくなります。それに対し野菜などの食物繊維を先に食べると、腸での糖の吸収がゆっくりになり、血糖値の上昇もゆるやかになります。

糖化を予防する食事のコツは、『先に野菜を食べること』なのです!

実際に糖尿病患者さんの食事療法として、『食べる順番療法』を実践している病院では、血液中の糖化の指標値である、糖化ヘモグロビンの値(HbA1c)が大きく改善する効果も見られています。

さらに、先に野菜を食べることにより
(1)自然と野菜を食べる習慣がついたり
(2)自然とごはんが控えめになったりするため、
糖化予防はもちろんダイエットまでもが効果的に実践できると考えられています。

※血糖値を上げないために、食事の炭水化物の量を極端に減らすことは危険ですので、くれぐれもご注意ください」

アンチエイジングだ!肌ホネ血管一挙に若く保つ方法 : ためしてガッテン - NHK

食事の際に野菜を最初に食べるだけでダイエットできるなんて、誰でも簡単にできる点が魅力的ですね♪


ちなみにこの引用中に出てくる「糖化」とは、私達の体内に存在する「たんぱく質」と、主に食物から摂取する「糖」が結びつき、老化物質を分泌する現象を言います。

糖化を加速する要因は高血糖です。さらにその最たるものは、糖尿病と言われています。糖尿病は肥満だけでなく、老化を加速する病気とも取れるのです。

野菜を先に食べることで糖化を予防し、アンチエイジングの効果までありますので食事の際は意識しておくと良さそうですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。